まさかの鎌坂さん at the Rainy morning hill

「平成のアラサーゆとりん」の挑戦ノート

♪132〜140 読書しまくっているけど、それらの内容全部説明できますか?

どどんと読書記録!(溜まってたー)

 

耳読書でおさらい。

→歴史物を今一度勉強し直したい。

私は理系だったから日本史・世界史・地理はほとんど勉強してない。

でも、社会に出てから

「私は理系だったから〜」とか言ってる自分がダサいことに気づく。

→学生時代使っていた教科書や資料集、便覧がいかにわかりやすくまとめられていたことか!

メルカリで購入し直して便覧を眺める毎日も悪くない。

 

・歴史は一気に駆け抜けるような勉強法がオススメ。

→まずは概略を頭に叩き込んで、ニッチな雑学をスキマに詰めていくイメージで。

 

楽しみがひとつ増えた。

 

 

うーん。癖の強い人、という印象でしかなかったけれど。

なるほど、そうなのね。という確認ができる。

 

話の上手い下手は内容じゃなくて、リズムや間の取り方だよってこと。
→これって文面じゃ分からんよね。

つまりは、実戦で使っていくべし。ってこと。

すべらない話を何個か仕込んどいて、同じ話でもいいから友達に話してみる。

 

結局は、慣れなのよ。沈黙をこわがらないで。

 

 

うん、勉強になった!

チームをマネジメントする立場になる上で知っておくべき内容。

 

早くやりたければ一人でやったほうが早い、

だけれども、長くずっとやりたければチームでやったほうがいい。

そしてそのチームは似たような性格やスキルを持ち合わせた人ばかりではなく、

全く違う考えの人が集まったほうがいい。

 

なんていうのか、リーダーに媚びへつらうようなチームにしちゃダメってこと。

そのためにはきちんと意見が言い合えるような安全性を確保しなきゃね。

 

バッドニュースファーストができないチームだと、

長い目で見て痛い目を見るのは結局のところチーム員なんだから。

 

つまりは根回し力。

根回し力は、相手の気持ちを先回りして考えられる力。

 

可愛がられるバカになること。

 

さらっと知っておく。

一気に覚えようとしない。

 

言葉も「顔なじみ」から始まる。

 

 

正直に言いましょう。

 

だいぶ前に読んだ本だから内容はパッと出てこない。

けれど、読んだ時には「なるほど〜。」と感じた印象。

 

次読んだときは、「そうそう!読んだ読んだ。」とデジャブすると思うし、

パッと本の内容が出てこなくても

自分のどこかには残っていてもう、消化吸収されているいイメージ。

 

忘れた頃に記憶の繋がりとして出てくるので、この読書自体意味はあるのだけれど、

「これ、どんな内容?」って聞かれると

パッと出てこない。

「それって読んだことになってないやん!ただ読んだ気になってるだけでしょ!」と

言われるのも悔しい。

 

確かに、パッと内容が出てこないのだが、

どこかで納得した自分もいるのだ。

 

駆け抜けるように読書しているけど、

ふと

あれ?これらの読書、自分の身についているっけ?と迷いそうになる。

意味のある読書をしているのかな?って。

 

でも、なんとなく、それでもOKとすることにした。

ま、それもそれさ。

本の内容を忘れるのには意味があるのよ。

 

1、もうすでに知っている。やっている。どっかで読んだことある。

2、当時の自分じゃ、まだ理解できるところに到達していない。腹落ちできていない。

 

とかね。

 

 

 

 

 

 

似たような本を読みたくなるのは

 

なんでだろう。

 

 

 

 

 

 

 

♪131 複利の力で教養を身にまとう。

めっちゃいい本!
意識が変わる。

audiobookでジョギングしながら耳読書。1.5倍速で3時間くらい。

最近、年明けのハーフマラソンに向けてジョギングしてるからちょうどいい!

 

 

 

■教養を身につける方法。
→人と話す。そして、本を読む。

大人になってからも教養は身につけられる。むしろ大人になってからの方がスッと入るのでは?

 

複利の効果を常に意識。
→例えば、今すぐもらえる100万円と1年後にもらえる100万円。どっちが欲しい?
今すぐもらえる100万円の方が1年間で利息が付く。(複利の考え方)

これを勉強に応用して考える。

資格試験だったら、その資格を若いうちにとれば取るほど、有効に使える時間は多いよね。
複利の力でその知識をもとに違う知識を吸収しやすかったりする。
だから勉強や教養は大切って話。若ければ若いほど良いってこと。
同じ本を読んでも学びの深さが違うよね。
同じ時間をかけて本を読んでも理解の差が出てくるのはこの理由から。

で、面白い考え方!と思ったのが、

「良い学校に進学する」のも複利の力を働かせてるって話。

進学校や広い視野で学べる学校に進学すれば、周りの環境や出会う人が違う。

良い言い方が思いつかないけれど、「質の良い」人間関係に身を置ける。

そして加速度的に自分も成長できる。チャンスの数も違う。

 

なんで良い大学に行くの?なんで勉強するの?ってよく出る質問だけど、これも一つの回答だよね。限られた自分の人生、もっと深く楽しみたいなら意識しなくちゃ。

 

■無駄を省く。トリアージ勉強法。
→赤:緊急、黄:次に大事。緑:急がないけど大事。に分ける。

トリアージとは

bigfjbook.com

 

■資格試験の勉強は、基本は過去問。(無駄を省く)

 

■共走しよう。(競争ではなく。)
自分一人の力は限られている。可処分時間は決まっているので。

♯130 自分をゴキゲンに!

更新が空いてしまった。。

耳で聞く読書とか、Voicyとかインプットは続けているけれど

なかなかアウトプットする感じになれずに。

(重い腰をやっとあげる笑)

 

情報過多の時代であるからこそ、

インプットしたものを自分の中に落とし込んで昇華させて行くことが大事だよね。

このブログは私にとって

読書記録+当時の自分の考えをまとめておく場所のようなもの。

 

例えば、10年後、20年後に見返したときに

当時の自分と対話できるような(本を通して)タイムカプセルになればいいなと。

 

今よりもっと楽しいモノの考え方が

できる大人になれるように

良い歳の重ね方をしたいなと。思う今日この頃。

 

 

ポイントは3つ!

■身体を温めること。身体を「ひらく」。

■不機嫌は自分の「傲慢」の裏返し。

■語彙力をつけるとゴキゲンなコミュニケーションができる。

→ギスギスした場面でも独特の良いキャラで場を和ませてくれる人がいるように。

 

とはいえ、人間なので

不機嫌な日もあるよね。

 

そんな時こと

「ああ〜自分不機嫌だな。」

と客観視して早めに寝よう。

 

そんな日も、いいね。

 

♯♪129 早起きは自己効力感を高めていく良い方法!

 

一度紙で読んだことがあるけれど、耳読書!

 

朝活はリズムをつくるのが続けるコツ。

なんでもいいから小さな成功体験を積み上げていく。

・今日は10分英語勉強できた。

・ランニングできた。

とか。

 

何より、「頑張ってる!自分!」

と自己効力感が高まっていくのがいいよね!

 

www.wwwaterlily.com

 

www.wwwaterlily.com

 

 

 

♯♪128 【アパレル業界】ジャパニーズブランディングの方法は?

 

いやはや、面白かった!

オーディオブックで耳読書。

(紙読書だったら、途中で断念していた。。。)

 

アパレル業界はあまり関心がなかったけど、面白かった。

 

■日本の経済の縮小

■インターネットの発達(ECサイト

SNSインフルエンサーの登場

■アパレル→嗜好品 という考え方

 

これらの観点から今後の業界の動向を書いているところが勉強になります。

 

市場が縮小していく一方で、世界進出は不可欠。

その中で「日本のブランディング」をどうアパレルに付加していくか。

これまた難しいらしい。

 

なぜなら、洋服というものは欧米発祥のものだから。

日本のプランディング、価値は?

着物?そんなわけないよね。。。(着物が流行る未来は予想できないし。。。)

 

そう、テクノロジーだ!

そしてデニムの藍染とかもね。

岡山県が発祥!国産ジーンズの歴史と魅力とは。BOBSONの歴史もご紹介 – BOBSON JEANS

 

面白いね!

 

 

♯♪127 余計なものがあるから、捨てなければならない。

 

 

有名ですよね。

この本。

 

羽生先生の他の著書で「大局観」というものもあった気がします。

 

 

 

人生を広い視野で俯瞰して考える。

その時々の失敗や成功に一喜一憂しない。

「禍福は糾える縄の如し」というようにね。

 

何をゴールにし、自分は何をしたいのか。

その自分の中の「北極星」を明確にして行動していく。

 

そうすれば、心乱されずに

今日1日もコツコツ楽しく過ごせると思います。

 

「捨てる力」。

何を捨てるのでしょう。

余計なものがあるから、捨てなければならないのです。

 

時代に合わせて、必要なものは変わってきています。

♯♪126 自分の正義を他人に押し付けない。

 

またまた、中野先生の本。

タイトルの答えはあいにく本書で明言されていません。

明言できないものなのです。

 

誰かの正義が誰かの悪で有る限り、

「正義警察」がいる限り。です。

 

ただ、そんな宙ぶらりんの状態も悪くないと思うのです。

 

自分の正義を他人に押し付けない。

これ鉄則です。