まさかの鎌坂さん at the Rainy morning hill

「平成のアラサーゆとりん」の挑戦ノート

【読書173冊目:『人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉』(千田 琢哉)】と素敵なサムシング 

かまさかさんです! 

 

 

 

【読書173冊目:『【読書173冊目:『人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉』(千田 琢哉)】と素敵なサムシング 

人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉

  •  

     

読書目的・理由】

 

 何となく、今までの読書から書いてある内容は予想がつきますが、、

時々読みたくなるのですよね。。。

自分の今の行動や考え方はこれで良いのか、確認の意味も込めて。。。

 

 

【学び・読書メモ】

  

■人は誰一人として例外なく、自分で発した言葉通りの行動をするようになり、それが習慣化され、その人の人生をつくる。

顔つきも変わってくる。

 

■真に強い人はいつも不必要に目立たず淡々としている。

 

 

■「分かっています。」ではなく

「不安にさせてしまい申し訳ありません。」と言おう。

 もう一つ先、相手の気持ちを考えて発言する。癖をつける。

 

 

■電話は切り終わった後の声が一番相手に聞こえている。

 

■あの人が無愛想だったのは、あなたが無愛想だったから。

と思い、自分の成長材料にする。

 

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

タイトルには100の言葉とありますが、全てに共通していることは

 

ポジティブに、嫌なことも全て成長材料にする。

愚痴をどうしても言いたくなったら”口から出さずに”ノートに書く!

 

ということでした。

 

また、「相手の気持ちを想いやる」ということは小学生の時から言われ続けていると思いますが、忙しい日々を送っているとついつい自分のこと中心に物事を考えがちになってしまいます。

金八先生ではないですが、

「忙しい。忙しい。」は「心を亡くしている。心を亡くしている。」

と言っているようなものですね。

 

 

また、

「あいつは使えないな。ポンコツだな。」

 

と時々言う人がいますが、私はこの言葉が大嫌いです。

発言している人は上司に何人かいますが、正直軽蔑すらしています。

 

たとえそれが真実だとしても、この言葉を発言する真意としては

自分がその人よりも秀でているんだと潜在的に考えていることになります。

 

そうすると、失敗は自分のせいではなくポンコツのあいつのせいだ。という図式が出来上がり、肝心の本人はいつまでたっても成長しません。

 

愚痴や悪口に良いことは一つもありません。

自分も、周りの人間も嫌な気分になるだけです。

 

ただ、そうは言っても不快な気持ちになったり、やるせない気持ちになったりするときは誰にでもあります。

自分の中で溜め込まずに、ノートに書き、

「未来の自分」にその愚痴を聞いてもらいましょう。

「な〜んだ。そんなことか。」ドラえもん風)と一蹴してくれることでしょう笑

 

現在の自分は「な〜んだ。そんなことか。」と思える日がくることを楽しみにして気分を切り替えれば良いのです!

 

 

f:id:yobiyan123:20190903071548j:plain

 

では、また!

 

 

 

人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉

人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉

 

 

【読書172冊目:『キャラクターデザインの仕事』(たかい よしかず)】と素敵なサムシング 

かまさかさんです! 

  

今日はこれ!

 

【読書172冊目:『キャラクターデザインの仕事』(たかい よしかず)】と素敵なサムシング 

キャラクターデザインの仕事―ハッピークリエーター★たかいよしかず

  •  

     

読書目的・理由】

 

 

表紙のイラストから分かるように、 たかいさんは「マーブルわんちゃん」の生みの親です。

『妖怪レストラン』シリーズの表紙や挿絵のイラストも有名ですね。

 

怪談レストラン(26)心霊写真レストラン

 

 

好きなイラストレーターの方なので仕事内容や仕事に向かう姿勢、モチベーションなどを知りたくて手に取りました!

子供向けの図書になりますが、大人も勉強になります。

 

 

【学び・読書メモ】

  

■デザインの力=人の生活を便利にしたり、楽しくしたりする力。

 

■「100回めくっても楽しい絵本」を目指す。

読むたびに新しい発見がある。作者が描いて楽しむのではなく、子供が読んで楽しい本を目指す。

誰のために、何のために本を描くのかを意識する。

自分がつくり出すもので人を楽しませる。

 

■「上手い、下手」よりも「好き&続けられるか」が大切。

 

■スランプを脱出する方法。

それは人と会うこと。そして、作品を見ること。

 

■他人を羨むよりも、「理想の自分」になるために何が出来るかを考える。

 

 

■人は「忘れる力」があるから生きていける。

 

 

■プロフェッショナルというのは、オリジナリティがあり、さらに想いを持っている人のこと。 

作品を通して何を伝えたいのか、そんな想いを持っている人が「本物」。

自分にしかできないこと、そして人のためになること。

 

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

たかいさんのイラストは線がシンプルで、よく見ると少し震えている線が特徴的です。

ミッフィーの作者、ディック・ブルーノもそうですね。)

今は、PCでイラストが描ける時代ですが、ひと昔前までは一筆一筆手書きで描かれていました。

狙ったのかどうかは不明ですが、線に気持ちがこもっています。

 

 

先に書きましたように、こちらの本は子供向けではありましたが仕事に向かう姿勢だけでなく、子供達への人生のアドバイスも分かりやすく盛り込まれていました。

 

中でも、「ロールプレーイングゲーム」のたとえが印象的でした。

 

ゲームのように、

用意された選択肢を選んでいってゴールに向かうよりも、途中で選択肢を疑い、時には自分でつくることも大切だ。

とありました。

 

その中で、それこそ「自分」というキャラクターを構築し

人生における使命を仕事を通して実現させて行くことが「楽しく生きる」ことに繋がってくると思います。

 

 

 

誰のために?何のために?

 

を常に自分に問いかけながら探求しようと思いました。

 

 

 

では、また!

 

 

キャラクターデザインの仕事―ハッピークリエーター★たかいよしかず

キャラクターデザインの仕事―ハッピークリエーター★たかいよしかず

 
怪談レストラン(26)心霊写真レストラン

怪談レストラン(26)心霊写真レストラン

 

 

 

【読書171冊目:『建築を語る』(安藤忠雄)】と素敵なサムシング 

かまさかさんです! 

  

またまた、また!建築家、世界のANDOの本です。

 

 

【読書171冊目:『建築を語る』(安藤忠雄)】と素敵なサムシング 

建築を語る

  •  

     

読書目的・理由】

 

先日の続き、同じく過去(1998年)に東京大学であった特別講義を収録したものになります。

 

こちらも学生の頃に夢中になって読んだ記憶があります。

(ほとんど理解できませんでしたが、、、。)

『連戦連敗』とセット本のようなものなので折角なのでもう一度読んでみました。 

 

 

読み終わってからは頭の中はANDOで一杯です。

 

 

 

【学び・読書メモ】

  

■手描きの図面からは描いた人間の迷いや思い、文化的背景が読み取れる。

CADやCGは完成度が高く、一見充実した内容を伴っているように見えるが、そこには文化が宿らない。世界中の誰が描いても似たような表情になってしまう。

 

■柱など、すぐに何でも揃えてしまわない。

あえて崩すことでリズムが生まれ、生命が宿る。

レム・コールハウス(オランダの建築家)との対話から。

 

■都市における「軸線」を意識する。軸の設定。軸の力。

パリの街。丹下健三の「広島ピースセンター」など。

 

■敷地を読む時。何が「味方」になってくれるのかを探す。

水辺に近いカフェでは「水」を味方にしようと試み、テラスのレベルを極限まで下げた。

 

■日本庭園の素晴らしいところ。壁をつくることで壁の向こう側まで獲得できるようにしている。(借景)

 

 

■小さい家の中にあちこち仕掛けがあって、自然が忍び込んでくる。

住吉の長屋」にて。チャールズ・ムーア(アメリカの建築家)との会話より。

 

 

■情報の過多により「考える自由」が奪われている。 

学校で学ぶことも大切だけれど、「自分で学ぶ」ことも同じくらい大切。

「旅」をせよ。

 

■会社に就職したとしても、社会を広く視野に入れて会社のなかでも客観性を備えた自分の意見をしっかり言えるようにすること。

終身雇用や年功序列のせいにして、無難に生きないように!

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

先日の『連戦連敗』に続いてこちらも20年前のANDOの貴重な講義内容が収録されていました。

 

挿絵として彼のスケッチがたくさん載っています。

なんども「手描きのスケッチ」で創造しイメージを伝えることの重要性を説いていました。

色鉛筆でぐるぐると円を描いたり、勢いよく走らせた筆跡からは情熱が伝わってきます。

実現させるにはそこに構造的な成立の可否や法規制という検討が必要になってきます。

全てがそのまま実現したわけではないでしょうけれど、初期イメージがそのまま現実化した作品もあります。

 

 

 

彼の作品には「夢」があります。

文中の言葉にも「力」があります。

 

なぜか。

 

それは彼が過去の名声にしがみつかずに「今でも」挑戦し続けているからです。

(本の出版から20年経った今でも。)

 

 

その一本の線には数え切れない挑戦の数々が詰まっています。

 

 

この本を読んだ建築学生は無意識のうちに彼の影響を受けるでしょう。

もちろん、私もそうでした。

 

 

 

初心に帰れた一冊です。

 

では、また!

 

 

建築を語る

建築を語る

 

 

【読書170冊目:『連戦連敗』(安藤忠雄)】と素敵なサムシング 

かまさかさんです! 

  

本日も建築家、世界のANDOの本です。

 

【読書170冊目:『連戦連敗』(安藤忠雄)】と素敵なサムシング 

連戦連敗

  •  

     

読書目的・理由】

 

先日の続き、安藤忠雄の本を読みたくなりました。

こちらは2000年に東京大学であった特別講義を収録したものになります。

今から20年前の本です!

 

学生の頃に一度読んだことがあります。

もう一度手に取りました。

 

 

【学び・読書メモ】

  

■建築は敷地を訪れて身体で依頼の文脈を読み取り、関係者と顔を合わせて互いの意思を確認し合うことから始まる。

外的条件に設計根拠を求める。

 

■手描きのスケッチにはそこに至るまでの設計者の迷いや思考の痕跡が詰まっている。

 綺麗に整理されたCAD図には曖昧な部分が入り込む余地が無い。

一本一本の線にも否応無しにリアリティがこもってくる。

 

■「想像とは逆境の中でこそ見出されるもの。」

 (ルイス・カーン

 

■歴史的建造物について。

保存するだけでなく、過去を現代に生かしてこそ初めて「残す」という行為が意味を持つ。

 

■過去の名建築に学ぶ。

先人達が何を目指し、何を実現させてきたのか。歴史の連続性を持たせるにはその対象の内容を知らなければ何も新しい発想は生まれない。

 

■建築は「カタチ」の問題では無い。

「光」を追い求めるだけでも建築ができるという可能性がある。

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

「連戦連敗」。

これはANDOが挑戦してきた数々のコンペの結果だと言います。

 

輝かしい実績からは想像できないほど、世界と戦う彼は何度でも立ち上がり挑戦しています。

時には出来レースのような理不尽なコンペもあったと言います。

 

けれど、次の作品に生かすことができる。

同じ「コンペの題材・課題」を世界の名だたる建築家と共有し、同じ視点で彼らの提出作品を見ることができる。ともに苦しんだ課題だからこそ分かり合え、学べる部分が多くある。と積極的な意見を述べています。

 

他の本にも書いていたように安藤忠雄がANDOになるまでの軌跡や現在(本の出版当時1999〜2000年)のプロジェクトに関して講義対象の20代学生に向けて惜しみなく綴られていました。

 

彼の作品に対する表現で、とても分かりやすく納得がいった文があります。

紹介します。

 

レベルを変化させながら東西方向に延びていくヴォイド。これら余白の空間をスロープや階段によって適度に分節し、空間に抑揚を与えていく。同時にそれらは建物に光や風を引き込む装置でもある。

 

機能的に階段やスロープを捉え、”空間をつくっていく”意識がそこに向けられているのが分かります。

 

抽象的なイメージを具体的にするには図面はもちろんですが、その他に周りを説得・納得させる言葉が必要です。

 

 

 

 

 

では、また!

 

連戦連敗

連戦連敗

 

 

【【読書169冊目:『安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書』(安藤忠雄)】と素敵なサムシング 

寒い日が続きますね。。

みなさま風邪などひいていないでしょうか。

 

かまさかさんです! 

  

 

【読書169冊目:『安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書』(安藤忠雄)】と素敵なサムシング 

安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書

  •  

     

読書目的・理由】

 

昨日の続きで、「建築」がらみの本をチョイス。

安藤忠雄は言わずと知れた世界の巨匠建築家です。

 

 

※こちらの本は2011年に日経新聞の「私の履歴書」に掲載されたものを単行本化したものです。

 

 

【学び・読書メモ】

  

■日々、人の命を安全に守り、安心して暮らせるようにする。それが建築家の仕事。

苦難の連続。当たり前。

 

■朝起きてから寝るまでひたすら建築の本を読んだ。

 読むだけでは理解できない。語らう友人も、導いてくれる先生もいない。

それでも意地と気力で一年間やり続けた。

(※補足※安藤氏は大学に進学していません。大学に進んだ友人が使用している教科書や専門書を読んで全て独学で習得したのです!)

 

■建築とは、人間が集まって語り合う場をつくる行為にほかならない。

 集まる人の心と心を繋ぎ、感動を刻み込む。

 

 ■仕事道具は自分持ち。

大工がかんなを大切にするように、道具一つに責任を持って自前で用意すべきである。

 

■「失敗してもええから、全力でやれ。」(佐治敬三

天保山サントリーミュージアムの設計依頼時のクライアントの言葉。

当時、規模が大きくなる依頼にANDO自身も経験の無い不安に襲われていたという。

 

■「青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の持ち方を言う。」

(サムエル・ウルマン:アメリカの詩人)

 

■建築も社会も理屈だけで割り切れるほど単純ではない。

何としてでも諦めない貪欲さを持つ。

 

■日本には、技術革命よりも、経済よりも、何よりも「自立した個人」という人格を持つ人材の育成が必要。

情熱と気迫と、不安と自立。

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

安藤忠雄には双子の弟がいて、かつて二人ともプロボクサーだったのはご存知でしょうか。

 

さらっと文中で公開されていますが、何となく納得がいく部分があります。

建築は全て独学。後ろ盾も何もない。

そんな中で、彼が持ち続けてきた情熱は誰よりもアツいものだったとその軌跡から分かります。

 

 

2度程、彼の講演会に参加したことがあります。

しゃがれ声(失礼)で、おかっぱ頭を振り乱し、豪快に笑う。

時には冗談を言い、「1980年以降に生まれたヤツは甘やかされて育った、自立が必要だ!」と言い続けていました。

 

公演後は関連著書を購入すると表紙裏にサインを書いてくれるという特典付きでした!

(商売上手)

もちろん長い列を並びました笑

f:id:yobiyan123:20191105070430j:plain

 

 

文中で印象的だった言葉があります。

 

「失敗してもええから、全力でやれ。」

 

私が言われた言葉ではないですが、本を読んでいる私に言っているような気がしました。

 

「失敗してもええから」

 

これは魔法の言葉です。

 

言っている方は

「こいつは失敗せえへん!」

と思っているからこう言えるのです。

 

信じてもらっている!自分をかってもらっている!

こんなに嬉しい言葉はありません。

と同時に、本当に失敗はできません。

 

 

死にものぐるいでやるしかないのです。

 

 

その繰り返しで安藤忠雄は”世界のANDO”になったのだと思います。

 

 

ANDOの情熱に負けないように。

やるしかないのです。

 

 

 

では、また!

 

安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書

安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書

 

 

【読書168冊目:『新米建築士の教科書』(飯塚豊)】と素敵なサムシング 

 

かまさかさんです!

 

今年の秋はどこへ行ったのでしょう?笑

。。。というくらい肌寒くなってきましたね!

 

 

今日は少し専門的な本になります。

 

  

【読書168冊目:『新米建築士の教科書』(飯塚豊)】と素敵なサムシング 

新米建築士の教科書

  •  

     

読書目的・理由】

 

 私は建築士として一般企業に勤めています。

この本の対象のような”新米”と言える時期は過ぎてしまいましたが、、、

初心を忘れずに勉強し直したいことがあったので手に取りました。

 

日常業務で課せられているのは「設計」という業務だけですが、

設計事務所で行うような「総合的な設計」を視野に入れて業務に励みたいと思っています。(営業、雑務、見積、工事など全ての業務についてです。)

 

 

 

【学び・読書メモ】

  

■「30秒スケッチ」で考えを形にする力を磨く。

 絵が上手い下手にかかわらずイメージを具現化するにはメモを取る事。

スケッチする習慣をつける。記憶ツールとして。

 

■公共建築(商業施設・美術館など)では「人」を見る。

 

主役は「人」。実際の動線や人の溜まりの状態は建築雑誌には載っていない。

実際に訪れて”使われ方”を研究する。→30秒スケッチへ

もちろん、自身の設計図にも動線”人の気配”を落とし込むようにする。

 

■設計前の現地調査では「高さ」を意識して観察。

 建築予定地の高低差や近隣の窓の様子。

借景に出来そうな緑や風景。

風の抜け方も!→30秒スケッチへ

 

■効果的に「溜まり」をつくる。

公共建築や集合住宅には「共用の空間」を。

専用住宅には家族が集まれる「共通の空間」を。

段差や建具などで動線を阻害しないように注意。

 

■黒髪理論:アクセントとしてインテリアには黒を。

日本人の黒い髪に合わせて。

また、肌の色にも合わせた木肌の素材を選ぶ。 

 

■図面はクライアントへのお手紙。 

 「手紙」のように描き、要点を伝える。

手描きならなお良し。→30秒スケッチの成果。

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

日常業務では、日々のタスクや売り上げ、新規クライアント獲得などに追われてなかなかクリエイティブな挑戦が行えずにいました。

 

けれど、初心に戻り、本当にやりたいこと。伝えたいことは業務に落とし込めているのか今一度考えてみようと思います。

 

『夢を叶えるゾウ』のガネーシャではないですが、

年次が上がるにつれ、ラクな方へ流されていた気がします。

自分を牽制したいと思います。

 

例えば新しい物件に着手するときは

・家族が溜まれる空間を提案する。人の動線・気配が分かりやすい資料を添えて。

・手描きのスケッチやパースで分かりやすく表現する。

・一般建築で美しいと感じた空間を共用住宅のロビーに提案する。

 

などです。

そのためには勿論、そこに掛かるコスト納め法的に問題がないかも併せて確認する一手間が増えてきます。

 

 

「今までと同じように〜」では成長しません。

自分に負荷をかけて、向上心を常に忘れずに取り組むようにします。

 

驕らず、焦らず、

いつまでも気持ちは”新米”でいたいと思います。

 

 

 

では、また!

 

新米建築士の教科書

新米建築士の教科書

 

 

www.wwwaterlily.com

 

【読書167冊目:『すっきり、ていねいに暮らすこと』(渡辺有子)】と素敵なサムシング 

今日は連休最終日!という方も多いのでは!?

かまさかさんです! 

  

【読書167冊目:『すっきり、ていねいに暮らすこと』(渡辺有子)】と素敵なサムシング 

f:id:yobiyan123:20191104070557p:plain

  •  

     

読書目的・理由】

 

 

 最近「ミニマリスト」が流行っていますが、それとはまた別のジャンル、

”ミニマルな暮らしを目指してはいるわけではないけれど、好きなものに囲まれて十分に満たされている暮らし” が紹介されていました。

 

その人にとって生活や暮らしが豊かになるのであれば不要に思えたものもインテリアに変わります。

 

そんな暮らし方を学びたいと思いました。

 

 

 

【学び・読書メモ】

  

■野菜のかけらがあったらスープにする。

 中途半端に冷蔵庫に残っている”あまり野菜”はスープにする。

 

■朝の習慣。空気を入れ替え、窓辺で白湯を飲む。

 

のんびり過ごせる静謐な朝の時間を持つ。

 

■空き瓶はとっておく。

 

ラベルを剥がし、十分に乾かす。

季節の作り置きを入れておく。

 

 

 

【自分への落とし込み】

 

「こんなふうに生きなければならない!」

と言ったような押し付けるような感じではなく、

自然にさらっと日常で心掛けている事やその中でも幸せだと感じる瞬間の写真が紹介されていました。

 

「品のある生き方。」

 

イメージや理想は人それぞれだと思いますが、私の中でのイメージを具現化させたような写真や暮らしだと感じました。

 

例えば、

”空き瓶を取っておくこと。”

今までは、ゴミの回収が面倒なので瓶に入った商品を買うことを避けていたり、ぞんざいに扱っていましたが、、、

 

想像してみました。「瓶のある暮らし」を。

 

朝、ゆっくりとした時間の中で窓を開けて空気を入れ替え食事をする。

テーブルには瓶に入ったジャムやマヨネーズ(手作り)が置かれており、やがて朝日がそこに差し込みキラキラと輝いている。

 

f:id:yobiyan123:20191104074444j:plain

この写真は以前旅行で立ち寄った素敵なカフェで撮った写真です。

窓辺の瓶が時間とともに陽の光を受けてキラキラします。


そんなイメージを持ちながらこの本を読んでいました。

 

 

 

感情までも満たされていくような暮らし。

そんな、なんでもないような”幸せのカケラ”が詰まった日常に憧れます。

 

 

 

では、また!

 

すっきり、ていねいに暮らすこと (PHP文庫)

すっきり、ていねいに暮らすこと (PHP文庫)