まさかの鎌坂さん at the Rainy morning hill

「平成のアラサーゆとりん」の挑戦ノート

♯1 多読の方法:新聞の見出しを読むようなイメージで読み進めよう!

明けまして、おめでとうございます。

2021年の読書ブログは♯145ということで145冊、読書まとめをしました。

 

2022年の目標は。。

150冊以上!!

 

まさかの鎌坂さんのブログを読んで下さり、ありがとうございます。

「いいね」下さる方も、本当にありがとうございます。

 

最近は耳読書やインターネットラジオのVoicyからインプットすることが多くなりました。

なかなか滞りがちですが、アウトプットの場を定期的に設けて、自分自身の振り返りを続けていきたいです。

 

さてさて、今年も張り切ってやっていきましょう!

 

勝間さんの新刊!

ついついチェックしてしまう。知ってるんだ、読書が人生にとっていいことを。

アレでしょ、作者の人生や小説の主人公の追体験ができるってやつ。

 

でも、それを勝間さんはどのように解説しているのかが気になってね。

最近は、こういう類のビジネス書は「何かを得るため」というよりも
今までの読書や自分の経験・思考を再確認する場として使っている気がする。

読み方も成長してきたね。

私ももう30歳、いい大人だ。
自分だけの考えにとどまらない、視野の広い大人でいたいからさ。

 

■読書はコスパの良い錬金術
→言い得て妙。

 

■じっくり読む「価値ある本」は100冊に1冊程度。
→一文一文をじっくり読む必要はない。新聞の見出しを読むように読書。
気になる所のみじっくり読むだけでいい。

 

勿体無い気もするが、それによって読書が滞ること自体が勿体無い。という考え方にシフトしよう。

(読む時間がもったいなかったな。。と感じるスカ本もたまに混じってるし。。。)

 

YouTubeやラジオ、オーディオブックと違う利点は緩急つけて読み飛ばしながら知識を入れて行けること。

使い分けよう。

 

■本の要約サイトも便利だが、「試食」と心得よ。
→美味しさの全容は分からない。

 

■未来を先取りする情報ハックは読書。

 

■読書とは人生をより良くするための合法的な「カンニング

 

 

★私が読んだ勝間さんシリーズ★

www.wwwaterlily.com

www.wwwaterlily.com

www.wwwaterlily.com

www.wwwaterlily.com

www.wwwaterlily.com

www.wwwaterlily.com

www.wwwaterlily.com

 

 

 

 

 

 

 

♯145 「カッコいいおばあちゃん」になりたい。

 

なんか、タイトルに惹かれて。。読書。

最近、ライフシフトとか人生100年とかの本、増えてますよね。

それだけみんなの関心がここにあるってことでしょうね。

 

 

人生を100年と考えるのもいいけれど、「健康」な時間はどれだけあるのでしょうか。

例えば60歳で定年を迎えたとして、残り40年。

80歳で天命を迎えるとしても残り20年。

アクティブに動いていたいな。

 

第2の人生?

私は、「カッコいいおばあちゃん」になりたい。

おせっかいでも何でもいいから、「寺子屋塾」を開いて近所のガキンチョを呼んで

一緒に勉強し続けたい。

 

 

そんなおばあちゃんになるために、今日があるのかね。

 

■「カッコいいおばあちゃん」のイメージ図

 

www.youtube.com

f:id:yobiyan123:20211229111226j:plain

(ドクターくれは)

 

そして、人生、きっといろいろあるけれど、

アンルイスの歌詞にあるように、時には

「かなしみを身ごもって、優しさに育てられる。」

女性になっていきたい。

 

www.youtube.com

♯144 優しさは笑いのかげに。

 

 

紺野ぶるまさん。

ラップバトルや「ち●こなぞかけ」で言葉の使い方が面白い人だな、と注目していた。その生き方だったり、人生に興味を持って読書。

 

いつかのR1グランプリで先天的に目が不自由な濵田祐太郎さんと決勝を争ったときの紺野さんの振る舞いが話題になりました。

当時決勝に4人残っていて紺野さんはそのうちの一人でした。

得点開示の時に自分の点数も気になるところだろうに、タイムリーに(視覚的に確認できない)濵田さんを気遣って今の濵田さんの得点数を横で教えていたのです。

そして、紺野さんは最下位、濵田さんは優勝という結果になりました。

悔しかっただろうに、紺野さんは自分のことよりも濵田さんが優勝したことを自分のことのように隣で喜んでいました。

 

私は当時、芸人紺野さんのことを「ち●こなぞかけ」でテキトーにお笑いしてるんだろうな。

と思っていましたが、このエッセイを読むと、自身もいかにこのR1に懸けていたのかが分かります。

そんな背景があの場面にはあったのです。

 

f:id:yobiyan123:20211220075609j:plain

f:id:yobiyan123:20211220075619j:plain

ぜひ皆に知ってほしい。

優しさは笑いのかげにあることを。

 

♯143 先ずは自分を「知ること」。そして、なりたい自分から逆算して今日を過ごす。

 

 

■安藤美冬さんはノマドワーカーで有名な方と記憶しています。

在宅勤務が当たり前になった今、ある意味彼女はその先駆け的な働き方をしていたんだなあ。と思い、新刊が出たっぽいので読書。

そんな先進的でセンセーショナルな彼女が何を次に予想しているのか、仕掛けているのか知っておきたくて。

「これからは個の時代だ!何を買うかじゃなくて、誰から買うかだ!」ってよく聞くので笑。

 

年内に150冊以上は読みたいぞ!

 

 

■感謝ノートをつける。

最近、やってない。。。

寝る前に今日あった嬉しかったことを手帳に3つ書くようにしよう。

 

■泣くのも悪くない。汗をかくのと同じ。感情の断捨離。

 

■「売れる個人」をイメージしてそこから逆算して生活する。

憧れの「私」はそのペンを使っているか。その行動をしているか。を考える。

そのためには「売れる個人」イメージを常に意識しておく必要がある。

 

■こんにちは。ありがとう。と目を見て言える人。

 

■人に与える影響が、コントロール(支配)ではなく、インスパイア(感化)の人になる。

 

 

♯142 読書をするときに心掛けたいこと。「咀嚼フィルター」を鍛えよ。

 

大好きなワーママはるさんのオススメ本に上がっていたので読書。

 

今年私はこれまでこの本を含め、142冊読書してきたけれど、

果たしてすべて内容を覚えているかと聞かれればあやしいところがある。。。

(こないだのブログでも書いたけれど、それでもいっかな。とか思ってた笑

だけど、この本を読んでちょっと反省した。)

 

理由の一つとしては

「自分の言葉や経験を持って咀嚼できていないから。」

がある。

ただ、〜よかった。〜に学びを得た。

だけの感想じゃ、弱い。

もっと自分というフィルターを通して第3者に説明できるようになる読書をしていこう、

話はちょっと変わるけれど、さんまさんはエピソードをめちゃめちゃ盛って面白おかしく話す時がある。

「ただの出来事」をさんまさんというフィルターを通しているから起こるお笑いだ。

同じエピソードでも、出力する人によって違うのは不思議。

 

同じように、

読書や学びでも、出力する人によって違う見解があったりするから不思議。

 

私は最近、アマプラで映画を観たあと、よく映画レビューを読んでいる。

他の人はどう感じたのだろう。それによって何回も映画を咀嚼し、楽しめる。

最近見た考えさせられる映画は、これ。

 

 

メキシコの麻薬組織を取り締まるべく、主人公がCIAとして現場に乗り込んでいく映画。

ただ、映画のタイトルにもある通り、いろんな「ボーダーライン」がある。

ネタバレにもなるのであまり書けないけれど、

この映画の真のメッセージは「世の中の秩序を守るボーダーライン」が存在するということ。

そしてそれを受け入れざるを得ない状況になったとき、自分の中の「正義のボーダーライン」も変わってしまう。ということ。

 

最後の最後で主人公はそれを悟ったのだと私は解釈した。

レビューの感想は色々。それも、イイね。

(ちょっとグロいから注意。)

 

 

おっとっと、話が逸れてしまったけど、

このブログも、私というフィルターを通して出力を心掛けたい。

 

いつも見てくれて、イイね!くれる皆さん。

ありがとうございます。励みになります。

 

まさかの鎌坂さんは2022年も継続してブログ続けていきます!

 

 

今日も、素敵な1日を過ごしましょうね!

 

 

voicy.jp

note.com

 

 

♯142 読書をするときに心掛けたいこと。「咀嚼フィルター」を鍛えよ。

 

大好きなワーママはるさんのオススメ本に上がっていたので読書。

 

今年私はこれまでこの本を含め、142冊読書してきたけれど、

果たしてすべて内容を覚えているかと聞かれればあやしいところがある。。。

(こないだのブログでも書いたけれど、それでもいっかな。とか思ってた笑

だけど、この本を読んでちょっと反省した。)

 

理由の一つとしては

「自分の言葉や経験を持って咀嚼できていないから。」

がある。

ただ、〜よかった。〜に学びを得た。

だけの感想じゃ、弱い。

もっと自分というフィルターを通して第3者に説明できるようになる読書をしていこう、

話はちょっと変わるけれど、さんまさんはエピソードをめちゃめちゃ盛って面白おかしく話す時がある。

「ただの出来事」をさんまさんというフィルターを通しているから起こるお笑いだ。

同じエピソードでも、出力する人によって違うのは不思議。

 

同じように、

読書や学びでも、出力する人によって違う見解があったりするから不思議。

 

私は最近、アマプラで映画を観たあと、よく映画レビューを読んでいる。

他の人はどう感じたのだろう。それによって何回も映画を咀嚼し、楽しめる。

最近見た考えさせられる映画は、これ。

 

 

メキシコの麻薬組織を取り締まるべく、主人公がCIAとして現場に乗り込んでいく映画。

ただ、映画のタイトルにもある通り、いろんな「ボーダーライン」がある。

ネタバレにもなるのであまり書けないけれど、

この映画の真のメッセージは「世の中の秩序を守るボーダーライン」が存在するということ。

そしてそれを受け入れざるを得ない状況になったとき、自分の中の「正義のボーダーライン」も変わってしまう。ということ。

 

最後の最後で主人公はそれを悟ったのだと私は解釈した。

レビューの感想は色々。それも、イイね。

(ちょっとグロいから注意。)

 

 

おっとっと、話が逸れてしまったけど、

このブログも、私というフィルターを通して出力を心掛けたい。

 

いつも見てくれて、イイね!くれる皆さん。

ありがとうございます。励みになります。

 

まさかの鎌坂さんは2022年も継続してブログ続けていきます!

 

 

今日も、素敵な1日を過ごしましょうね!

 

 

voicy.jp

note.com

 

 

♯141 ノートは自分の理解を助けるために使う。

 

以前もロザンの本を読んだけど、今回も新しいのが出てたので読書。

誰かの勉強方法とか、ノートの取り方とか興味があるのよねー。

www.wwwaterlily.com

 

私はノートを綺麗に取る派。

カラーペンとか使って、紙上のビジュアルをそのまま記憶していく感じ。

自分自身に教えるようにインプットした知識をアウトプットしていくイメージ。
(頭の中を整理していく。ただ、これは人に見せることを前提としないノート。

後日そのノートを見返すと、ノートに書いていないけれどその時の覚えた内容とか、悩んでいたことなどもスルスルと紐付いて出てくるのでやっぱりノートは良いと思う。

物理的にノートが消費されていくのを見るとモチベーションが上がるし!

★オススメはコクヨのリングノート。

①スペースを取らないし、コクヨ製品は紙面上がツルツルしているので書きやすい。

②出先でノートが無くなってもコンビニとかで手に入りやすい。やや高めだけど、それだけの価値はあると思う。

f:id:yobiyan123:20211206105504j:plain

(👆私の中国語勉強ノート)

 

■ノートは自分の理解を助けるために使う。

■ストレスにならない字で書く。

★ノートは決まった時間に決まったことを書く。
→これ、私意識できていなかった。1日のうちどこかにノートを書くための時間を組みこもう。

 

スマホにメモするのも良いけれど、濃淡の付いた文字、筆跡はその時の「感情」も記録してくれる。

一瞬のうちにその時の自分に戻れる。

 

自分のお気に入りの場所は、物理的な場所だけじゃなくて、ノート上にもある。

時間を超えて過去に戻れる。

当時、悩んでいたことや感じていたことを現在の自分が過去の自分に寄り添いながら、改めて現在の立ち位置を確認できる場所でもある。

記憶の中で過去に戻れるフックをノートに付けていく。

これはどんなにお金を積んでも手に入らない、オリジナルの財産。

 

だから私はノートが好き。

(ふっ、良いこと言ったZE★)