まさかの鎌坂さん at the Rainy morning hill

「平成のアラサーゆとりん」の挑戦ノート

【366冊読書 #46】八百万の神をポケモンに見る。

菊とポケモン―グローバル化する日本の文化力

菊とポケモン―グローバル化する日本の文化力

  • 作者:アン アリスン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/08/01
  • メディア: 単行本


ポケモンから見る世界


————————————

★Input★

————————————

■西洋と日本の既成アニメの違い。

西洋:ファンタジーは固定的な世界

日本:ストーリーとキャラクターが変化する。多種変容。テクノアニミズム。animism

→現実世界と異世界が行き交う。

アニミズム:物には魂がある。

八百万の神


■移動中の中間的状態。

→一人きりの時間に何をする?

誰といる?→ゲームのキャラ、仮想世界で生きている。細切れの世界を行き来。

→誰かといても疎外感をどことなく感じている。その穴をキャラに求める人が増えている。自己実現の道具。



————————————

★Output★

————————————

■アニメは子供だけのものでなく大人も楽しめるもの。(むしろ今は大人の方が熱中)

としたことがポケモンの功績。

個人のアイデンティティ、親近感をキャラに乗せている。

例)カバンにキーホルダーをつける。


ポケモンが流行る理由はそのシステム。世界感が現代社会の孤独の穴を埋めて来れるから。

根底の需要はシンプルでアイデンティティの表明だったり、寂しさを埋め合わせるものに合致したから。

「外見よりも関係性。」画像が荒くても良い。

例)たまごっち。

→世話をする。進んでしたいめんどくささ。

もう一度形を変えて流行るのでは?




【366冊読書 # 45】短期的な成功を求めない。不安ではなく、焦燥感のバイアスがかかっているだけ。

ぼくらの仮説が世界をつくる

ぼくらの仮説が世界をつくる

2015年の本だけど、めっちゃ良い本。
————————————
★Input★
————————————
■現在、あらゆる「なんとなく」をスマホが奪い、細切れの時間を消費させる大半を占める。

■情報→仮説 ではなく、
仮説→情報→仮説の再構築→実行→検証

※仮説を立てる時「何となく集まってくる情報」よりも長い目で見て「自分の中にある価値観」の方が大切。

■例えば何一つフォームは間違っていないのにタイムが出ない。
→ストップウォッチが壊れているだけ!?

■お金の形態、時間の感覚の変化
→めんどくささの感覚も変化する。
めんどくささを求める。
ただ変化するものだけでなく、変化しないものを把握する必要もある。
※ヒント:人間の感情はシンプル。

■戦後モノの時代1950-60
モノと質の時代1960-1980
モノと質とデザインの時代1980-2000
モノと質とデザインと安さの時代1995-2010
心が満たされる「共感」の時代!?2010-

例)水、二次創作する余地を残すサービス
(喜んでめんどくささを伴う)

—————————
★Output★
—————————
■仕事に連鎖を生み出す仕掛けを付けておく。

■二重目標を設定。
例)
1、朝起きてとりあえず布団をたたむ。
2、そこから起き上がり家を出てジョギングに行く。
→1だけやろうと考える。出来た自分を褒める。
2もやりたくなる。

■「客観視」出来るように。
感情のバイアスに左右されない。

■短期的な成功を求めない。不安ではなく、焦燥感のバイアスがかかっているだけ。

■自分の人生、自分でルールをつくる。

■投資し、リスクをとる。
→でないと取り分は限られてくるから。

■トムソーヤになる。
→ペンキ塗りのハナシ。



【366冊読書 # 44】今日、「いただきます。」をする前に読んでほしいこと。

 

 

f:id:yobiyan123:20200219085227j:plain
いのちをいただく

いのちをいただく

 

 

 
★食品加工センターで働く坂本さんの仕事は牛を殺すこと。
牛と家族同然で育ってきた女の子と坂本さんのおはなし。
 
何かの本(思い出せない。。)で紹介されていたので気になって読んでみました。
————————————
★Input★
————————————
■私たちは奪われた命の意味を考えずに、自分の「手を汚す」ことなく命を食べている。
 
■肉も魚も野菜も米も、全てが種を残そうとする中、命を頂く。
 
————————————
★Output★
————————————
■食べ物を粗末にしてはいけない。
→頭では分かっている。
けれど、毎日に流されて忘れている。
 
■いのちを頂くことにネガティヴになる必要はない。
→そこに関わる方々のストーリーを考えたことが無かった。
 
■「坂本さん」の仕事と「介護士」の仕事は似ている。
→最後に出会う人がこの人で良かったと思われているから。
 
■植物にも命がある。
 
■軽い気持ちで「感謝」出来ない。
 
■想像力を働かせることは、行動に責任を持つことに繋がる。
 
 

 

【366冊読書 # 43】価値営業は(実は)ブルーオーシャン。

その商品は人を幸せにするか ソーシャルプロダクツのすべて

その商品は人を幸せにするか ソーシャルプロダクツのすべて


————————————
★Input★
————————————
■陰徳は過去ものもの。
どんどんアピールしていこう。

フェアトレード、フェアウッド。
利己的ではなく利他的な視点を持って働く。

■背景やストーリーを商品に付加させる。
→価格ではなく価値で商品を売れるように。
価値営業は実はブルーオーシャン

コンビニ食パンの戦略。

■ソーシャルプロダクトの注意点
常にニュートラルな視点でマーケットと向き合い、冷静に事業戦略を練る。
ソーシャルマインドとマーケティングマインドの両輪を動かす。

■quality of...
Process
People 
Profit 

————————————
★Output★
————————————

■人々は物だけでなく、その背景にあるストーリーを買う。
→心理を理解し前面にアピール出来るように。
(物→自分に置き換え可能。)

→誰かに教えたくなる。
ファンになってもらう。





【366冊読書 # 42】正解は要らない。求められているのは納得解。

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

————————————
★Input★
————————————
■情報処理力よりも情報編集力。
→一次情報で物事を判断しない。

■プレゼンの極意は
「相手の頭の中にある要素を使って」
それを組み合わせて説明出来ること。

■相手との共通点を見つける。
→営業はそれが9割!!

戦闘力=武器効率(質)× 兵力数(量)

■組織のリーダーに求められること
正解ではなく、納得解を提示できるか。


————————————
★Output★
————————————
■自分のキャリア、売りを英語で説明出来るようにする。
自分がやってきた仕事の棚卸し。
(直ぐやる!!期限:2020/02/23)→3月中に暗記。口をついて英語でアピール出来るように自分プレゼン準備!

■自分を象徴するキャッチフレーズを考える。

■すげ替え不可能な人材







【366冊読書 # 41】『 個(オリジナリティー)を付ける癖を。 』

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)

★オススメ!キンコン西野さんが紹介していたので読んでみました。
2015年の本ですが、未だ未だ発見があります。
————————————
★Input★
————————————
■情報は砂の数だけ溢れている。
→届けたい人にいかに発信するか。

■拡散の数は少数でいい。
→友人知人の口コミから広げる。
オーガニックな言葉に「宣伝」してもらう仕組み化。
ファンを大切にする。

■今ラジオがアツい。
→自分にDJが話しかけてくれているような錯覚。

■クレームはチャンス。
→何故ならそこには真実しかないから。

■個を前面に出す。
→一般論やポジショントーク要らない。
(情報過多)

————————————
★Output★
————————————
■ファンを大切にする。

■個(オリジナリティー)を付ける癖を。
→同じ情報を発信するにしても私というフィルターを通す。

【366冊読書 #40】■スピードが大事、「旬」を逃さない。 これは食べ物に限ったことではなく、仕事、情報も同じ。

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

  • 作者:堀江貴文
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: Kindle
かまさかさんです。(^^)

———————————— 
★インプット
———————————— 
■パクリをネガティブなものと捉えずに、「インスパイア」「オマージュ」と解釈。
車輪の再発明は要らない。

■マニュアル化を肯定する。
→作業や労働は「本質的」な仕事にならない。

食べログよりも食べられログが必要!?


———————————— 
★アウトプット
———————————— 
■スピードが大事、「旬」を逃さない。
これは食べ物に限ったことではなく、仕事、情報も同じ。


————————————

かまさかノートにまとめることに時間をとられアウトプットの質が落ちていると反省したので、ただ今「挑戦ノート」の取り組みを変えております。
変化することを恐れないで、日々に挑戦することがこのブログを始めた理由ですから。。。
有言実行。体現していきます。